よくある質問*お問合せはお気軽にください!

そもそもNLPってなんですか?
NLPとは無意識の束縛から脳を通して自由になるスキルです。 脳と無意識を自分の味方にしていくことで
自分とのコミュニケーションが楽になるばかりか、他人の脳の使い方にも鋭敏になるため 他人とのコミュニケーションもより豊かなものになります。 もともと、セラピストの行っていた天才的な方法を、スキルとして型になっているのでセラピー要素も多い上に、他人とどのようにコミュニケーションすれば相手に関わって行けるか面白いほど脳レベルで理解できる心理学的側面もあります。
詳しくはこちらに熱く語っております。
クラスの定員はどのくらいですか?
NLP資格習得講座は、現在最大定員6名の少人数で開催しています。 NLPは、スキルをご紹介した後、それをご受講生同士で 【セラピスト役】【クライアント役】に別れて実際体験するワークが多くなります。 実際NLPは切れ味の鋭い刃のようなこともあり、 人のこころへの誠意をもってクラスを運営していくのに、 わたしはこれ以上の人数になると、ご受講生の方々の中でどういったこころの動きがあるのか、 把握しきれません。 実際わたしが始めて学んだときは、大人数のクラスでした。 多くの仲間と出会えたというメリットはありましたが、 受講生同士、お互い訳も分からずワークをしたことも多々あり、 NLPが安全なスキルで、実践に使える! と安心して実感できるようになるには、かなりの時間かかかりました。 おかげでNLPを何度も何度も最受講する良いきっかけになっています。 こうして今の私が誇りをもってNLPを伝えるためにも、 こころをオープンにしてクラスを受講いただくためにも、 安全確保のために、定員を設けています。
男女の割合を教えてください。
男女の比率は、正直そのクラスによって変わります。 HPから女性が多いように思われるかもしれませんが、1日講座などは男性が多い場合も多くあったりします。実際クラスが始まれば、どちらにせよその時にしか得られないものがそこにあります。そういったことを楽しんでいただければと思います。
クラスの雰囲気はどんな感じですか?
こちらもそこに集う仲間によって、雰囲気は違いますが、皆でクラスを作り上げていきます。 時にグループセラピーのような雰囲気のような時もあれば、時にゼミのような、時に放課後のような雰囲気です。 一般的な、社会人が学ぶスクールと違い、それぞれが主役でクラスを運営していきます。
卒業後のフォローアップについて教えてください。
卒業後は、勉強会を開催したり卒業生の方々との交流も盛んにあります。 また、最受講の制度や、アシスタント制度などありますので好きなだけ学びやご自身の可能性を探求できます。アシスタント制度の参加者のことを、当アカデミーではリソースパーソンさんといいます。 また、卒業後セミナー講師になりたい、自分の特性を生かしたことがしたい!という方にはセミナー開催のノウハウをお教えしたり、コラボセミナーを開催し全面的に協力しています。 ほか、卒業後独立してセラピーや対人援助をしたいという方には親身に相談にのっています。
どんな資格が取れますか?
米国NLP協会認定のNLPプラクティショナー資格が習得できます。 こちらは、NLPの創始者の一人リチャードバンドラーの認定資格です。 もし、学びを深めNLPを教えたいと思った時に選択肢として、米国のオーランドにて創始者リチャードバンドラーのNLPトレーナーコースを受講出来る資格です。また、資格習得後は「米国NLP協会認定NLPプラクティショナー」として活動することができます。
1日の時間構成を教えてください。
クラスは午前中に休憩を入れながら3時間くらい、お昼休憩を挟んで3時間強くらいで進めます。お昼のランチ休憩は1時間強です。 ランチは、お弁当をご持参下さってもいいですし、外にランチ巡りに行かれる方も多いです。実際は体験学習や能動的な時間が多いため、あっという間に時間が過ぎていきます。帰る頃は、「あれ?もうこんな時間??」と毎回驚かれると思います。
授業についていけるか心配なのですが…
少人数制なので、ご安心ください。ご都合がつかなかった、同じ講義を再受講したいなどの場合は補講も設けますので、ご相談ください。また、個人セッションを平行して受けていただくことも可能です。
NLPに興味があり学ぼうと思ったところ、いろいろな団体や先生がいるので
正直どのように選べばいいかわかりません。
NLPは大変面白いもので、学べば学ぶほどいろんな発見があり、また自己理解や他者理解が深まるので、もっと触れたくなるはずです。 また、学びの中で自分の深い部分の変容を体感していきます。 そのような、恵まれた環境に身を置くわけですから、自分自身が安心出来る相性のあう先生のもと学ぶのがおすすめです。 確かに、値段や開講日程は大切な基準と思いますが、自分にとってなにが大切かを考えて選んでください。
また、相性のあう先生の下にはその先生に惹かれた仲間が集うわけですから学びの8~10日間がまったく異なってきます。
誰から学ぶか、誰と学ぶかも大切なポイントです。
体験講座はありますか?
はい、あります。
マンツーマンの体験講座を開催しています。
ご希望の日程でご予約ください。本HP経由の方に限り 1時間18000円⇒5000円でSkypeで事前カウンセリングいたします。 講座受講の参考になさってください。 エステや商品購入とは違う価値を知って頂くきっかけですから、無理な勧誘などまったくありません。
NLPプラクティショナークラスは何ヶ月くらいで終了したほうがいいですか?
私のNLPのクラスは、「自らの癒し手になる」こともゴールの一つにしています。 その一つのものさしとして、受講前に「欲しい」と思っていた目標や夢を卒業時には 得られるように、独自のカリキュラムと長年の感覚でカスタマイズしています。 ですので、基本私の組んだ日程でクラスを終了していただくのがベストです。 着実な変化と、スキルの習得のためにも6ヶ月じっくり人生を扱って欲しい、と考えその期間でクラスが終了するようにしています。
心療内科に通っていますが、クラスの受講は可能ですか?
今通われている先生がいるのでしたら、原則として先生にご相談の上決定していただきたく思います。 先生の基本方針としているゴールと、クラスで行うワークの中でのあなたのゴールが違う場合、ひどくお心に負荷が掛かります。 もし、先生のご判断だけでご不安な場合は、是非お話がてら体験講座にいらしてください。
その中で、ご自身の感じたことをお話いただければ、私の方でも受講がどのような影響を与えそうかお話できたらと思います。

ただ、お薬服用中の方のご受講は、安全を考慮してお受けしておりません。
NLPはうつ病にも効果が有りますか。 うつ病の方も通われていますか。
平均的な回復時間はどの位ですか?
NLPはうつ病にも効果があると言われていますが、残念ながら私の方では症例がありません。 ですので、回復時間についてはお答えできません。
ただ、うつ病の方に限らす、身体症状の課題をお持ちの方にお答えするとしたら
「回復」の定義が人それそれ違うかと思いますので、自分が「こうなりたい」というゴールに向かって進むにあたり、思った以上に早くに結果を出せることもありえるかもしれませんし、逆にゴールによっては時間がかかるかもしれません。

以前うつ病だったという方が、NLPを学んでくださったことは多々あり、より自分らしく生きるお手伝いをしてきました。
NLPは、脳の使い方を自分でコントロールすることにより、結果を出していく側面も多く、能動的な技法です。
そして、能動的に自らを癒していきます。(受身という側面が少ないと考えるといいかと思います。)
そういう側面から、どなたにとっても、 変化の幅が大きいほど、脳に負荷があるため(脳の筋肉痛のような、脳に汗をかくような疲労感があります) お薬の服用中の方や、お医者様のご通院中の方には、 NLPのご受講をお受けしていませんことも大切なことですのでお伝えしておきますね。
NLPは転職に使えますか?
NLPの資格に関して私自身は、資格習得コースということで資格を取れるのは前提で中身を大事にしていますが、 やはり資格というものも魅力のようで、新しい仕事を得るのに、「履歴書にNLPということを書いて自己アピールをしてみてよかった!」 という声もいただいています。
一昔前は、NLPの認知度が低かったり、誤解もあったようですがNLP自体が資格としても認知されていますが、どんな資格も同様それがスタートに過ぎないという点もお伝えしておきますね。
10日間の中で出席できない日があります。
お休み分は他のクラスの同回にて無料振替できます。
講座終了後には、自分も講師として活躍できますか?
もちろん可能です。資格取得ができますので、すぐにご自身のセミナーなどにご活用ください。また、卒業生対象の勉強会など、受講後のフォローも適時行っております。
講座終了後には、NLPのトレーナーになれるんですか?
もし、NLPの資格認定トレーナーになりたい!そのような場合はNLPマスタープラクティショナー資格クラスの受講を得てNLPの資格認定トレーナーコースを受けることになります。 NLPマスタープラクティショナー資格クラスにつきましてはもちろん開催しております。 当アカデミーでは資格習得よりもNLPをどのように使うかに価値を置いていますが、もしNLPのトレーナーコースを受けたい場合、 例えば、当アカデミーの場合 NLPプラクティショナー資格の後 NLPマスタープラクティショナ資格習得を得て選択肢として 米国のNLP創始者リチャードバンドラーのトレーナーコースに進むことができます。
逆に、もし、学びを深めNLPを教えたいと思った時に選択肢として 創始者の もう一人ジョングリンダーのトレーナーコースや 他のトレーナーコースに進むことができません。
また、逆に 創始者のもう一人ジョングリンダーの系列や 他の系のクラスからは 米国のNLP創始者リチャードバンドラーのトレーナーコースの選択肢がない・・ という残念なしがらみがあります。
ちなみに、当クラスからは今年お一人の方がアメリカのオーランドにリチャードバンドラーの資格を習得しに渡米なさり、ますますNLPを深めながらご自身のお仕事に活用なさっています。
多くの方は、NLPを学ばれた後ご自身の生活や生き方の変化を深めてらっしゃいますが、お仕事に活かしたり、セラピストさんや対人援助のお仕事を始めたい、そうおっしゃる方も増えてきました。
卒業後も継続してご縁が続くのもかおりクラスのゆるやかな持ち味からくる魅力です。